神奈川県行政書士会緑支部

1819LGUP-クーリングオフは契約後にも解約できる強い武器!!

街を歩いている時「エステのアンケートに応えてほしい」と声をかけられて、アンケートぐらいならいいか!と思う方はいると思います。

しかしよくよく話を聞いてみると、エステを無料で受けるために化粧品を買うのが条件・今良い化粧品が安く買えるなど、巧みに誘導されて気づいたら買ってしまった…そんなトラブルが今街にはあふれています。

キャッチセールスと言われる商法なのですが、被害者は未成年の皆さんが多いのです。

いらないのに押しが強くてつい買ってしまった・怖くて断れなかった・様々な理由があると思いますが、そんな時にこれを知っておけば大丈夫!という必殺技があります。

皆さんは、クーリングオフという制度をご存知でしょうか?

「Cooling Off」(頭を冷やす)といって、頭を冷やして冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内(8日以内)であれば無条件で契約を解除できる特別な制度です。

契約が成立すると当事者片方が一方的に契約解除することができないのが原則ですが、原則に例外を設けたこの「クーリングオフ制度」。

勿論、買ってしまう前に、駅や街でキャッチセールスの人に話しかけられても関わらない。

話を聞いた場合でも、きっぱりと断ることができればそれが一番です。

ですがもし買ってしまっても1人で抱え込まないでください。

8日間以内であれば契約解除できるのです。

理不尽なキャッチセールスに泣き寝入りする前に、この制度の存在を知っておくことが自分を守る大きな武器になります!

Return Top