神奈川県行政書士会緑支部

業務案内

行政書士がお役に立てること

gyoseisyosi-donnnahito

行政書士、司法書士、社会保険労務士・・・
付き合いがないとピンとこないのではないでしょうか。

弁護士はテレビドラマなどで登場しますし、税理士は税金の専門家ということは分かります。しかし、その他の士業はどのようなときに役に立つのか分かりづらいですね。

最近になって、私たち行政書士が注目を集めています。
その理由は、『一番相談しやすい街の法律家』だからと言われています。

扱う分野は、遺言・相続、離婚などの法規相談や、争いを鎮めるための書類や争いとならないための書類の作成など、誰にでも関係のある身近な法律問題であったり、

また、事業を行っている経営者の方に対しては、株式会社やNPO法人、一般社団・財団法人などの法人の設立事業許認可の申請、金融機関や公的機関からの融資サポート、会計記帳代行や決算処理の代行などを行うこともあります。

特に、総務部門を持つことができない中小企業の総務担当として活躍する行政書士が増えてきているのが最近の傾向です。

中には、多くの企業との関わりあいを持つ中で、多くの企業が将来的段階的に抱えてる問題を把握し、経営コンサルタントして経営指導を行う行政書士もおり、それぞれが独自の分野で専門性を確立しています。

相談の多い業務の解説

建設業許可

原則500万円以上の工事を請け負うためには各都道府県または国土交通省による建設業の許可が必要です。詳細はタイトルをクリック。

運送業許可

他人から運賃をもらってトラックなどでモノを運ぶには国土交通省による貨物自動車運送事業許可が必要です。詳細はタイトルをクリック。

古物商許可

リサイクル屋さん、チケット屋さん、古着屋さん、中古車販売屋さんなど、中古品を取り扱うには各地公安委員会による古物商許可が必要です。詳細はタイトルをクリック。

風俗営業許可

キャバクラ、まーじゃん、パチンコ店舗を営むには各地公安委員会による風俗営業許可が必要です。詳細はタイトルをクリック。

ペット法務

ペットは可愛いだけではありません。ペット購入トラブル、住居・ご近所トラブル、住居、ご近所トラブルなど様々な問題があります。詳細はタイトルをクリック。

車庫証明

自動車車検証の手続きには各地警察署による車庫証明が必要です。詳細はタイトルをクリック。

遺言・相続

人間いつかは亡くなります。ご遺族が財産分与で困らないために遺言の作成をオススメします。また、亡くなったあとの相続手続きでお困りの方にもお役に立ちます。詳細はタイトルをクリック。

行政書士に相談・依頼できる分野一覧

s_ichiran

ところで、なぜ行政書士が、これほどまで多彩な分野に分かれることとなったのでしょうか。

実は、行政書士は、最初から行政書士だった人は少なく、多くは社会人経験者として多方面の分野で経験を積んだ後で開業するためです。

  • 官公署で20年以上勤めた経験を生かして行政書士になった方、
  • 企業を定年退職してから、第2の社会貢献活動として行政書士になった方、

が相当数おります。

実は、行政書士としてはピカピカ一年生でも、
社会人としては立派な経歴の持ち主が多いのも特徴です。

それまでの社会経験・人生観に基づいた法律感覚は、行政書士特有のものと言われています。

意識するしないに関わらず、私たちの社会生活・経済活動の背景には、必ず法が存在し、私たちはふとした時にその存在を認識するものです。

法は実学とされ、現場で実感したときにその価値を知るものならば、法の価値を理解するには一定の社会経験が不可欠です。

そういった意味で、私たち行政書士は様々な社会経験を有する隣接法律職の集合体として、様々な場面で皆様のお役に立てるものと確信しているのです。

Return Top