神奈川県行政書士会緑支部

解説-車庫証明

車庫証明の概要

syakosinseisyo-tegakiimage

車庫証明は行政書士が一般市民の方と最も頻繁に接する業務のひとつです。
ディーラーの方から、一般の方、事業者の方と本当に幅広い方々からご依頼を受けています。行政書士は車庫証明のプロフェッショナルです。

車庫証明は
・登録自動車(普通の白いナンバーの自家用自動車)の場合
  ・・・事前の申請
・軽自動車(黄色いナンバーの軽自動車)の場合
  ・・・事後届出

というタイミングで手続きする必要があります。

車庫証明の有効期間

一般的には車庫証明がおりてから1カ月以内というように定められております。
実際には多少幅があるようですので、運輸支局・登録事務所、または行政書士にお問い合わせください。

どうすれば車庫証明がもらえるの?

そうです。

ここが一番知りたいところですよね。

大体のケースに当てはまるポイントなどをご説明します。

【必要書類】
・車庫証明申請書
・使用承諾書 もしくは 自認書
・保管場所の所在図・配置図
の3つです。

イメージはこんな感じです。
それぞれの記載方法は神奈川県警車庫証明記載方法ページをご参照ください。

【車庫証明申請書イメージ】
syakosinseisyo
警察でもらうものは4枚複写式になっています。
ボールペンで強く書き、上から3枚目までを押印してください。
(神奈川県警ホームページから様式をコピーして、4枚に頑張って手書きをしたりパソコンソフトで印刷してもよいでしょう)

【所在図・配置図イメージ】
syakohaitizu
マンガのようなものでよいので、
・左側に周辺地図。目印があればそれも記載。警察の人が現地までたどり着けるように。また、本拠(お住まい)から車庫までのキョリも記載してください。
なお、本拠と車庫の距離は直線で2km以内でないといけません。

【使用承諾書イメージ】
syakosyoudakusyo
・賃貸車庫の場合は大家さんまたは不動産やさんから使用承諾書をもらってください。

【自認書イメージ】
syakojininsyo
・自宅車庫などで自己所有の場合は、使用承諾書ではなく、こちらの”自認書”という用紙にご記入および押印してください。

申請から完成までの流れ

・まずは大家さんまたは不動産やさん、管理組合理事長などから使用承諾書を手配してください
・申請書記入、図面作成した上で車庫を管轄する警察署に申請
・申請したら引換証がもらえます。そこに引換え可能日が書いてあるのでその日以降(朝一番から大丈夫です)受け取りにいってください。

要するに警察には2度足を運ばないといけないわけです。しかも平日の昼間です。
なかなか平日の昼間に動けないよ、という方はぜひお近くの行政書士にご依頼ください。

許可がおりるまでの期間

横浜市内の警察署は基本的には申請日の3営業日後となります。
火曜日に申請すれば金曜日にできあがり。
木曜日に申請すると、土日をはさむので火曜日にできあがり、という具合です。
警察が車庫の現地を確認しにきたときに他の自動車がとまっていたり、その他なにかあると警察から連絡が来て、その対応によっては車庫証明の下りる日が遅くなる場合もあります。

許可がおりてから行うこと

車庫証明をとったあとは
・新車の新規登録
・名義変更の移転登録
・住所変更の変更登録
などを
・登録自動車(普通の白いナンバーの自家用自動車)の場合
  ・・・神奈川運輸支局(横浜ナンバーの場合)
     >>神奈川運輸支局へのリンク

にて手続きする必要があります。

必要なお金

・登録自動車(普通の白いナンバーの自家用自動車)の場合
  ・・・2600円の証紙
・軽自動車(黄色いナンバーの軽自動車)の場合
  ・・・500円の証紙

よくある質問(たまにある質問)

Q:下取りの車が今回申請場所に置いてあるんだけど大丈夫?
A:まったく問題ありません。
その場合”代替”申請というかたちで申請します。
今まで置いていた車を入れ替えで今回の車をそこに置きます、ということですね。
でも一点注意があります。
正式に”代替”と認められるのはその場所でちゃんと車庫証明を取得している車に限ります。
警察は車台番号を控えていますから簡単に照合できます。だからもし今まで山形で使用していた山形ナンバーが、1年前に引っ越して住所変更登録(横浜ナンバーへの変更)をしていないんだけど、今回横浜で車を買う。その山形ナンバーの車がその車庫に置いてある。
そういった場合は正式な”代替”申請扱いとはならないのです。
そういう場合は警察署に個別の相談となりますので、警察署に相談か車庫証明専門の行政書士のお問合せください。

Q:住所と異なる場所で車庫証明をとりたい場合はどうするの?
A:住民票の住所と異なる場所でもそこに本拠があれば車庫証明をとることは可能です。
申請書には「申請者住所」と「本拠の位置」という記載項目があります。
「申請者住所」は住民票のとおりの住所でなければなりません。
「本拠の位置」に実際の本拠のご住所を記載することになります。
その本拠の位置を証明するために、
・公共料金の領収証(請求書ではなく)のコピー
または
・消印のある郵便物で差出人が異なるもの2通のコピー
を申請時に警察署に提出すればよいです。
これではダメな場合、または他のものでもよい場合もありますので警察署の車庫証明担当、もしくはお近くの行政書士にお問い合わせください。

Q:契約者が夫で私(妻)あての使用承諾書を出してくれない!
A:大家さん、不動産管理会社、管理組合理事長に融通をきかせてもらって使用承諾書上の使用者を変更してもらうのも一つの方法でしょう。
しかし、なかなか融通のきかない場合もあります。そういう場合は下記の使用承諾書に印鑑をもらうように相談してみてはいかがでしょうか。
syako-syodaokusyo-2マイクロソフトワードのファイルはコチラをクリック
ご覧になってわかるとおり、
・保管場所の使用者

・保管場所の契約者
が別の欄に記入することができます。
こうすれば、大家さんもイヤな顔をせず、
「契約者はこの人なんだね。でもその人の奥さんの車だから使用者は奥さんなんだね」
とスムーズに話が進むと思います。

Q:使用承諾書ではなく賃貸借契約書ではダメなの?
A:すべての警察署で認められるかどうかはわかりませんが、通常は認められることが多いと思います。
賃貸契約書の全ページ(添付資料も含めて)コピーして持って行ってみればいかがでしょうか。
賃貸借契約書があるのに、使用承諾書をわざわざ別に取得するのが面倒くさい、別料金がかかるという場合もあるでしょう。
ただし、注意点があります。
たまに駐車場の賃貸借契約書には登録番号・車両番号(ナンバー)指定や他の制限事項が書いてあり、今回申請したい車ではNGという文言が書いてある場合があります。
そのような場合はそのままの契約書では車庫証明は取得できないので、契約書を更改してもらうか、新しい車両についての使用承諾書を改めて取得する必要があるでしょう。

Q:車庫証明申請書を間違って書いてしまった。どうすればいい?
A:それは申請前かあとかで話がまったく変わります。
申請前の場合は、申請書の申請者欄に押したハンコにて訂正印を押せば二重線をしてから書き直せば問題ありません。
申請後の場合は大変な場合があります。
車庫証明の受け取り時に、申請者欄に押したハンコにて警察が訂正をさせてくれれば幸いですね。
もしくは警察署の訂正印で修正してくれる場合もあるかもしれません。
受け取ったあとで自動車の登録手続き(名義変更・住所変更など)のときに、運輸支局・登録事務所で誤りを指摘され、登録ができないとなった場合。
う~ん、これは一番難しいですね。
警察署に持って行って訂正させてくれればいいですが、普通は難しく再申請です。
ただし、現地調査は終わっているので決裁手続きのみになるかもしれませんので通常より早く車庫証明ができあがるかもしれません。
とにもかくにも、記載が間違えると大変なことがありますから、申請の記載は最新の注意を払って行うようにしましょう。

Q:車庫の広さはどれくらいあればいいの?
A:ギリギリでも車が入れば構いません。
本当はドアがあく余裕があったりしないといけないとも思うのですが、そのような規定はありません。
極端な例だと、ギリギリ車を格納し、後のドアから出るというパターンもあったそうです。
ただし、すべてが車庫私有地にはいっていないといけません。
特に車の前部が行動に1cmでもはみ出ていたりするとNGです。
しっかり格納できる車庫を借りましょう。

Q:車庫の広さはどこからどこまで?白線や車どめは気にする必要あるの?
A:車どめはタイヤをとめるためのものですから、空中部分でそこからはみでても問題はありません。
また、地面に白線がひいてある場合があります。
横幅はもちろん白線を出てはダメです。
(特別に隣の借主、貸主の了解を得れば別ですが)
縦幅は白線を出ても車庫私有地内であり、長さ方向で白線をはみ出てはいけない、という決まりがなければ問題ありません。
繊細な方はこのようなことを気になさるかもしれませんが、現実問題車庫の中で車を置けるかどうかという観点が大事かと思われます。

各区の車庫証明業務取扱行政書士

【青葉区】

氏名 所在地 電話 主要な取扱業務
原 年彦 青葉区市ケ尾町1151番地

ライオンズマンション405号 

原行政書士事務所


045-971-3313


詳細ページ
岡本祐樹 〒227-0043 横浜市青葉区藤が丘2-3-12-302

行政書士 岡本ゆうき事務所


045-532-8630
FAX:045-532-8631


詳細ページ

【緑区】

氏名 所在地 電話 主要な取扱業務
荒川 俊 緑区三保町1351番地1

フォレストヒルズ三保12棟204号

荒川行政書士事務所


045-938-0210
緑警察の前は毎日のように通る近所の事務所です

詳細ページ
平田 俊夫 緑区中山町308番地5

クリオ中山壱番館503号

行政書士平田事務所


045-567-6105
中山駅すぐに事務所があります

詳細ページ
佐々木一之 緑区長津田1-5-4

ささいち行政書士事務所


045-507-6313
詳細ページ

【都筑区】

氏名 所在地 電話 主要な取扱業務
駒井 達雄 都筑区茅ケ崎中央8番7-311号 

行政書士駒井事務所


045-949-0406
センター南駅前の事務所。都筑警察まで徒歩3分です。

詳細ページ
川添 隆公 都筑区荏田南5丁目20番5-102号 

行政書士川添事務所


045-941-3671


詳細ページ
横尾 佳子 都筑区すみれが丘6-1 フローラ2号室

横浜すみれ行政書士事務所


045-515-1810
詳細ページ

関係行政庁等のリンク

神奈川県警車庫証明解説ページ
緑警察署(電話番号:045-932-0110)
都筑警察署(電話番号:045-949-0110)
青葉警察署(電話番号:045-972-0110)

※横浜は警察署の電話番号の下4ケタが0110なんですね~。ちょっとしたマメ知識ですね。

Return Top